四季の花木園

TOP > 四季の花木園 NEWオープン
花のみどころ
イベント
ショッピング
グルメ
体験しよう
遊ぼう
営業案内
園内マップ

3月17日、北エリアに新たなスポットが登場!『四季の花木園』NEWオープン


デンパーク園内の北に位置するエリアは、平成9年のデンパーク開園から平成21年までの13年間、「市民農園」として、 お客様に手軽に農業を体験していただく場として親しまれてきました。 しかし平成20年、充実した農業支援の場として安城市内に新たにアグリライフ支援センターができたことにより、 デンパークの市民農園はその役目を終え、新しいコンセプトのもとでリニューアルされることになりました。 その工事もいよいよ完成し、来る3月17日、生まれ変わった新しい姿を皆様にお披露目させていただきます。

3つのエリアからなる『四季の花木園』
『四季の花木園』は多目的施設「花木園プラザ」を中心に「白(しろ)の花木園」、「彩(いろどり)の花木園」、「芝生広場」の3つのゾーンに分かれています。
芝生広場 まず、クラブハウスと地ビール工房の横を通り、入口に入ると広がるのは「芝生広場」です。 ここには園内最大となる約3千uほどの芝生が広がっています。
花木園プラザ 「芝生広場」を進むと、中心となる場所には半円形の屋根のある多目的施設「花木園プラザ」があります。 ここは普段は休憩所として利用できますが、簡易な催しを行うこともできます。
白の花木園 花木園プラザの右手に広がるのが「白の花木園」です。ここには100本以上のハクモクレン、50本以上のサクラ、ハナミズキが植えられていて、 3月上旬から4月下旬まで白い花を楽しむことができます。
デザインも、ヨーロッパの城壁を連想させる大きな石垣を配し、その石垣を縫うように流れるせせらぎと、趣の異なる2つの池があります。
彩の花木園 花木園プラザの左奥に広がるのが「彩の花木園」です。もともとあった花木園の一部を改装したもので、「白の花木園」とは対照的に、ピンク、赤、黄、青など 色とりどりの花が楽しめます。

せせらぎの音と自然の香りに包まれて、癒しの時間をお楽しみください。

3月17日(土)にオープニングセレモニーを開催します。 この日から春のイベント「フラワーフェスティバル」もスタートします。
たくさんの催しをご用意して、皆様のご来園をお待ちしております。